[リソース] 言語音声の仕組み・音声記号

言語音声の仕組みや研究についての情報が得られるサイトなどをまとめてみました

International Phonetic Alphabet(国際音声記号)

IPA Chart:

IPAの音が聞けるサイトなど:

  1. IPA Audio Illustrations 
    音自体とa_a に挟んだ発音が収録されている。非常に高音質。
    https://linguistics.ucla.edu/people/keating/IPA/inter_chart_2018/IPA_2018.html
  2. 東京外国語大学言語モジュール:IPA 国際音声字母
    調音法が図で示され、多くの音声については説明もついている。
    音声サンプルあり。日本語。
    http://coelang.tufs.ac.jp/ipa/index.php
  3. IPA Handbook に収録されている音声記述
    http://web.uvic.ca/ling/resources/ipa/handbook_downloads.htm

調音に関する説明・デモサイト:

  1. Animation of articulation of sounds from English, German, Spanish (U of Iowa)
    https://soundsofspeech.uiowa.edu/login
    無料で使えますが要登録
    英語版の他にドイツ語版、スペイン語版もあり。
    ドイツ語、スペイン語版は、それぞれドイツ語とスペイン語の音を扱ってますが、解説もドイツ語とスペイン版です。
  2. Interactive Sagittal Section (U of Toronto)
    http://smu-facweb.smu.ca/~s0949176/sammy/

調音に関する説明・デモアプリ:

  1. Sounds of Speech
    iPhone用とAndroid用があります。なかなか良いできで、おすすめ。

教科書(音声学全般):

  1. Ladefoged, Peter. (2004). Vowels and consonants: An introduction to the sounds of languages, 2nd ed. Blackwells.
    2)のLadefoged (2006)に比べて取っつきやすく、平易に書かれている。音声や動画資料が含まれたコンパニオンCD付き。持っておいて損はない本。
    http://amzn.to/XEHbVG
  2. Ladefoged, Peter.  (2010). A course in phonetics, 6th ed.
    音声学の教科書の定番。音声や動画資料が含まれたコンパニオンCD付き。持っておいて損はない本。
    http://amzn.to/1mnNgl2
  3. Catford, J.C. (2001). A Practical Introduction to Phonetics, 2nd ed. Oxford University Press.
    実際に自分の口や喉を使いさまざまな言語音を発音してみる実践を通じ、言語音の発音法を身につけていく本。馴染みのない音を発音するためのヒントや練習なども豊富に含まれている。
    http://amzn.to/1p7x9nA
    キャットフォード, J. (2006) 『実践音声学入門』大修館
    Catford (1988)の日本語版
    http://amzn.to/1ykLcj9
  4. Ashby, Michael, and John Maidment. (2005). Introducing Phonetic Science. Cambridge University Press.
    http://amzn.to/1tKfW99
  5. Ladefoged, Peter.  (2003). Phonetic data analysis: An introduction to instrumental phonetic fieldwork. Blackwells.
    http://amzn.to/1mnNR6a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)