[読] Hay & Baayan: Shifting Paradigms

Hay, Jennifer B and R Harald Baayen. 2005. Shifting paradigms: Gradient structure in morphology. Trends Cogn Sci 9 (7): 342-348

【一言で】★★★★★

語の形に見られるパターン(活用パラダイムや派生など)を分析する基本的概念枠組みについての研究動向をまとめた論文。問題点と関連研究成果のポイントがわかりやすく整理されている。

パターンはあくまで一部類似した形を持つ語の間に見られる似かよりの体系として認識され記憶されているに過ぎないと考える。話者は語を分解した要素を記憶しそれを組み合わせて語を作り出しているわけではないとする。

【キーワード】morphology, paradigm, derivation, inflection, compositionality

【ポイント】

パターンというのは部分的に同じ形を持った語のセット(例えば walk – walked – walking – walks)に観察され、さらに同じような内容のセットが繰り返し見られる場合(kick – kicked – kicking – kicks; jump – jumped – jumping – jumpsなど)には「生産的」な一般的パターンと感じられる。

こうした語形成パターンの分析の仕方は主として2つに分けられる:ここでは symbolic model と subsymbolic model とされている。

Symbolic model では、語形成のパターンはセットを成す語群に共通した要素に可変部分の要素が付加されることで作られると考える。つまり、語形成をより小さな基本要素を組み合わせるプロセスと考え、「形の変化」の現象は同一要素にさまざまな別要素が付加されることによって起こると捉える。

Subsymbolic model では、パターンはあくまで一部類似した形を持つ語の間に見られる似かよりの体系として認識され記憶されているに過ぎないと考える。話者は語を分解した要素を記憶しそれを組み合わせて語を作り出しているわけではないとする。

言語学における語形成分析においてはもっぱら symbolic model が用いられてきたが、心理実験などの結果から、subsymbolicな捉え方の方がより実態に近そうである。

【ノート】

Central issue: how morphological (word-internal) structure is best accounted for (pp. 342)

Two dominant views:

Symbolic View: “by means of lexical entries and deterministic symbolic rules

Subsymbolic view: “by means of probabilistic subsymbolic networks implicitly encoding structural similarities in connection weights”

Main conclusion:  (pp. 346)

– recent developments suggest that the true complexity of morphological structure can only be appreciated in full from a probabilistic perspective


How Symbolic model views morphological structure (pp. 342)

– morphological structure is combinatorial: consisting of morphemes and combining rules

(example)
A past-tense form like walked consists of two discrete elements, the morphemes walk and -ed, which have independent entries in the mental lexicon. 

A deterministic rule combines these morphemes into the complex structure walk+ed and compositionally derives its meaning from the meanings of the parts.  

– discrete non-probabilistic combinatorial structure lies at the heart of morphology

– makes sharp distinction between regular and irregular forms
Regular forms are complex (e.g. regular past tense): consisting of combination of morphemes; rule-governed formation; forms are not (need not be) stored in memory
Irregular forms are simple (e.g. irregular past tense form): single morpheme; not rule-governed; form is stored in memory

Non-symbolic (Subsymbolic) view of morphology (pp. 342)

– morphological structure is fundamentally non-discrete

– morphological structure emerges from the statistical regularities that characterize the forms and meanings of words

– morphological structure is inherently graded and probabilistic

– no distinction between regular and irregular forms: Connectionist networks can be trained to map present tense forms (come/walk) onto past tense forms (came/walked) without requiring overt symbolic rules and without making an a priori distinction between regular and irregular verbs

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)